05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠れる才能テスト●テレビ朝日

先日テレビ朝日で夜やっていた番組、「眠れる才能テスト」を見ていました。

いろいろな職業の方が監修したクイズが出るんですが。。。。。。

その中に「書道家」さんの問題がありました。

20年以上書道を続けている私としてはこれはぜひ正解したいな~なんて思ってみていたのですが。。。。
結構普通に間違えました(汗)。。。。

む・向いていないのかしら~~

なかなか難しいですね。

まあ書道は芸術なんでね、なかなか難しいと思うんですけど(と言い訳してみる。。)

まだまだ精進が必要です!
スポンサーサイト

「ブログをやってて良かったなと思ったことは?」

FC2 トラックバックテーマ:「ブログをやってて良かったなと思ったことは?」

ブログ、やっていてよかったのはなんといってもお友達が出来たことです。
今はブログをやっていない人もいるけれど、ブログ友からリアル友になった子もたくさんいます!!!
なんか昔からのお友達のように仲良くさせてもらっている方も!!

出会いがあるってやっぱりすごいな~って思います。

お互いブログで近況を知っていると、初めてお会いしても初めてな気がしなくて、しかも、私が実際お会いした方はみなさんすごくステキな方ばかりでした。

やっぱり文面とかで人柄って表れるんですね。

これからも細々ながらブログは続けていきたいです!!

東北関東大震災

東北関東大震災から1週間たちました。
被災地の状況をテレビで見ると、本当に毎日胸が苦しくなります。あまりのひどい惨状にここが私の住む日本なのだろうかと思ってしまうほど。地震、津波、そして原発事故に大規模停電の恐れ。。と容赦なくつらいことは続きます。

当日の私は、天気がいいからどこか遊びに行こうかななんて思っていましたが結局娘と二人、家にいました。娘が昼寝からおきてきたので遅い昼食にうどんをゆでていて、娘はソファーでごろごろしていました。グラグラ。。。とゆれたので、なんだろうと思いリビングをのぞいたらテレビがゆれていて地震とわかりました。娘は気づかず横になってテレビをみていましたが、むしろ大きくなるゆれに驚き私はまず娘をダッコしました。そのときにガスをつけっぱなしと気づき、走って消火しました。その後娘をダッコしながら外をながめたり窓をあけ、それでもゆれがひどくなるのでこれはまずいと思い、ダッコで玄関に走り、外廊下にでたところ、隣の隣の親子(大人)と一番はじにすんでいる親子(うちと同じ歳の男の子親子)も同じく外廊下にいました。みんなんで声かけしながらゆれが落ち着くのを待ちました。娘は号泣。。。私は手が震えていました。

ゆれが落ち着いたのでお互い家に戻るとうちは飾りがいくつか落ちていたのと、タジン鍋が割れていました。その後も大きな余震があり、またみんなで外廊下に出ました。

何度も続く余震、テレビをみると東京の火災や建物倒壊、横浜のビルも壊れていたりするのを見てこれは尋常じゃないとわかり、主人と実家家族に電話やメールをしまくりました。すぐに都会へはつながらなくなり、私は災害伝言板も利用しました。主人とは比較的早く連絡がとれ安心しましたが、田舎ながら帰宅難民となり心細かったです。

とにかく情報がほしく、ここずっとテレビをつけていました。すると関東以上に東北の津波の被害を見て愕然としました。その後原発事故。。。。。何回もなる緊急地震速報。。。。本当に気分が不安定になってしまいました。ずぐに電力不足なんかも言われ、友人などへの安否確認は控えていました。そのためますます不安になってしまい、度重なる余震に本当におかしくなりそうでした。

娘は「ママ、じしんこわいの??ゆーはだいじょうぶだよ。ゆーはがまん!!ままだいじょうぶよ~」なんて言ってくれます。でも地震速報がなると怖がって抱っこ抱っこ。。彼女も怖いのです。津波の被害映像を見ると「あ~くるまがたくさんちらかっているね。ゆーがおかたづけしてあげる。」なんていうのです。でも怖いのです。「みんなこわい~っていってるよね。つなみはこわいんだよね。」とも言っていました。毎日毎日見る地震のニュースに「ままもうこのてれびあきちゃった。ほかのみたい。」とも言うようになりました。でも最新情報を常に入れておかないと不安でならない自分がいて、なかなか願いをかなえてあげられませんでした。NHKの子供番組がはじまってからはそれだけは2画面で見せてあげられるようになりました。

この1週間、本当に気分が沈んでしまって、でも被災者のこと考えたら自分なんてなんでもなくて、でもここまで自分が落ち込むなんて思ってもみませんでした。世の中は買いだめに走っていますが、私には買い物に行く元気もなかったです。人ごみに娘を連れて行くのもイヤだったし、そもそもそこまで買いだめする意味が理解できなかったからです。
計画停電もはじまるとのことで、はじまったら冷蔵庫も使えないし、買いだめより毎日買いに行くぐらいがいいかななんて思っていたら世の中は大騒ぎで。。。。うちの実家も何もなくて大変だったそうです。

実家に帰りたくても電車が運休続きで帰れない、でも実家に帰れたとしても主人と距離的に離れるのもイヤでした。夜の計画停電で2人だったらどうしようと不安にもなりましたが、懐中電灯や電池を祖母が送ってくれて少し落ち着けました。私の住む地域は今のところまだ停電は実施されていませんが、節電を心がけています。

本当に今は大変な日本。でも絶対被災地には復興してもらいたい。

幸い私の家族、親戚、友人たちはみんな無事でしたが、実家が東北の子もいますし心配は耐えません。

かなり引きこもり生活をしつつも、たまにとりあうメールが私たち親子を元気にしてくれます。
そして、最近メアド交換をした近所のお友達にも本当に助けられています。

怖かったこと、思ったことを人に話すってすごく大事なんだなと思いました。
家に2人だとなかなかそういうことできないし。。。。

こうやって友達や家族に助けられ、少しずつ、私も平常心を保てるようになりました。
被災地の方々のことを考えると、本当に胸が痛みますが、被災していない私たちがしっかり日本をもりたてないといけませんよね。

1人でも多くの方が助かり、1日も早く皆が普段の生活に戻れますように。。。

私も落ち込んでいる場合ではありません。助けてくれた友達に感謝するとともに、自分で出来る何かを探していきたいです。

ニュースいろいろ

先日、熊本で3歳の女の子が行方不明になり、遺体で発見されるという悲しいニュースがありました。防犯カメラの解析などで犯人と思われる人物は比較的早く逮捕されましたが、同じ年頃の女の子をもつ立場の私はとても他人事には思えませんでしたどうしてこんなことがあるんだろう。

今日も娘と買い物に行きましたがいつも以上に神経を使いました。そこまで遠くには行かないのですがふらふらっと自分の興味のあるものの方に行ったりすることがあるんです。「ママから離れるとへんなひとにつれてかれちゃったりするかもしれないから離れちゃだめよ」と何度も言ってしまいました。近くにいた年輩の方も「こわい事件あったばかりだから心配だよね。ママの近くにいなきゃだめよ」と私と娘に話しかけてくれました。

世の中いい人いっぱいいるのに、(特に娘を産んでから感じる)こういうこと言わなきゃいけないのは悲しくなります。

今回事件に巻き込まれてしまったご両親の気持ちを思うと本当につらいです。こういう事件、世の中からなくなって欲しい。子供が安心、安全に暮らせる国になって欲しいです。

もう1つ、予防接種で乳児死亡のニュースがありました。私が読んだ記事によると、肺炎球菌ワクチンを接種した子供が3日以内に死亡した事例が4件あるとか。みんなビブワクチンや三種混合などと2つ、もしくは3つ同時接種でのことのようです。

親としては子供が大病しないようにと思ってうけた予防接種の後に子供が命を落としてしまうなんて辛すぎると思います。まだ因果関係ははっきりしていないようですが、早く原因究明をして情報を開示して欲しいです。

うちの娘の時はビブワクチンが出たばかりで品薄で三種混合なんかと同時接種出来る状況ではなかったです。今は公費負担されている自治体も多いみたいですが娘は自費でした。肺炎球菌は悩んでいた末、そろそろうとうかと思ったらインフルエンザの予防接種と重なったり、風邪引いたりでしばらくうてていませんでした。

この件があってからしばらく見合わせみたいですね。

予防接種はとにかく0歳からたくさんうち大変でした。(皆さんそうだと思いますが)集団接種から病院で個人でやったり。病院によっても予約がいったりいらなかったり…そこで新型インフルエンザの予防接種なんかもあったりしてスケジュール組むのが大変で…なんかもうちょっとうまくできないものなのかな~なんて日々考えていました。終わってしまえばどうってことないんでしょうがまたぼちぼちあるかもしれないから母子手帳確認しなくては。確か三種混合の追加とかあったような…

そしてニュージーランドの大地震…まだまだ安否不明の方々がたくさんいらっしゃいますね。志高く勉強されていたかたがたくさん被災され悲しいです。ご家族の精神的、肉体的疲労ははかり知れません

なんだか悲しいニュースが多い今日この頃。少しでも減っていって欲しいと日々考えてしまいます…。

臓器移植法改正案その後・・

先日、臓器移植法改正についてちょっとお話させてもらいました。
その時の記事がこちら
http://serebu3939.blog28.fc2.com/blog-entry-723.html

改正案が全部で4案出ていたようで、
現行法は本人の書面による提供意思と家族の同意が必要で、年齢は15歳以上脳死の概念は臓器提供をする時に限り脳死は人の死。
A案は「脳死は一般に人の死」と位置づけ、本人が生前に拒否しなければ、家族の同意で臓器提供を可能にする。また、15歳未満の臓器提供を禁じる現行法の年齢制限を撤廃し、子供の臓器移植に道を開く内容。
B案は提供可能年齢を12歳以上に引き下げあとは現行法と変わらず。
C案は基本は現行法と同じだが脳死判定基準を厳格化する。
D案は15歳以上は現行法と同じで14歳以下からの臓器移植を家族の承諾などで可能とする。結果年齢制限は撤廃されるが、脳死概念は現行法のまま。

というものでした。

今回衆院でA案が可決されたようですね。
昨日の読売新聞(だったかな?)の朝刊の1面に、
「渡米移植費高額化、値上げの本音は日本人排除」
という記事がありました。

日本人の臓器移植を受け入れてくれるアメリカがこのような状況であればやはり移植臓器は自国でなんとかするべきということなのかもしれません。
(欧州や豪州では日本人は臓器移植できないそうです。)

やっぱり日本でもみんなが臓器移植できるようにするにはA案しかないのかな。。?

脳死って本当に難しい問題で、この間テレビでみた話だと、
脳死の子でも身長も体重も増えるし、爪も伸びれば髪の毛も伸びる、
何よりあたたかいぬくもりも感じる。
そんな自分の子供をなくなったと言えないという親御さんの本音もありました。

本当に難しいですね。
このニュースが流れるたびに考えてしまいます。

アメリカではどうしてこんなに臓器移植が行えるシステムが出来たんだろう?

まだまだ私自身も勉強しなくてはならないことがたくさんあります。

やっぱりすぐには答えが出せないけど。。。。
もし自分が脳死状態になったら臓器提供して誰かが助かればいいかなと思います。
ただ家族がそういう状態になったらやっぱり家族としてはすんなり同意できない気がします。
家族の中で提供意思を普段から強く持っている人がいたら
周りと相談して同意することができるかもしれませんが。
提供意思をいえない娘や姪っ子のような小さい子であればやっぱり同意は出来ない気がします。
今の私はこんな気持ちです。

法改正が行われたらどうかわるのでしょうか???

最新記事

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カウンター

Total

最新コメント

THANKS★

カテゴリー

ブログ内検索

☆ランキング☆

ランキング参加中です。クリックお願いたします。(*^_^*)はげみになります♪

FC2Blog Ranking

Ads by rakuten

プロフィール

コメント大歓迎です!

syuno

Author:syuno

34歳の結婚丸10年の主婦です!2008年に女の子を出産し、一児の母でもあります。一時期ブログをお休みしていましたがまたあらたな気持ちで再開することにしました。前から仲良くさせていただいた方も、これから出会う皆様とも仲良くさせていただきたいです。日々のこと、食、趣味、家族や友人とのことなど書いていきたいと思います!よろしくお願いします。

前前タイトル記事のお引越し前のブログはコチラ 
http://ameblo.jp/serebu3939/
(記事もお引越しスミですが
いただいたコメントが残っています!)

*趣味*
パン作り、書道、スポーツ観戦、
国内、海外旅行

特に海外旅行が大好きです!
今までの海外旅行歴はこちらです↓
★syuno海外旅行歴★
(↑こちらクリックしてください)

リンク★お友達

ブロ友申請ホーム

ブロとも希望の方はポチっとお願いします!!(*^_^*)

QR code

携帯からのアクセスはこちら!
QR

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。