08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♯バリ島旅行記9

3日目②・ツアー前トラブル!~後編

(旅行記8の続きです。。)

ホテルを出てしばらく走ったところで運転手がこんなことを言い出しました。
「ガソリンがないからRp300.くれ」と。これは話が違います。
Hさんとはガソリン代も込みで値段設定してもらっていたのです。
主人にその話をしたらそう言ってくれました。
しかし運転手は「わかってる!でも今金持ってないんだ。ガソリンもない。」と言います。
でもこっちとしてはかなり納得いかない。
今思えば寺院の参拝料も込みの値段なのにお金が全くないなんてありえん!と思い、
「お金は持っていない。Hさんとはあさってにもお願いしている
ツアーの最後に今日のお金も払う約束だから。」

と何度も主人が言ってくれました。
しかし「わかった。じゃあRp300.は先に払ったとHさんに言ってくれればいい。必ず返すから。」と運転手はいいます。

話が違うのがすっごくイヤで主人もカナリこのころは切れはじめていました
まあRp300とはたぶん10円にも満たないのでまあいいかと思い、
「領収書を書いて」と言ってRp1000をわたし、「おつりをくれ」と言ったら、
(思えば1銭も持ってない人におつりもないですよね・・・
「Rp300」300ルピアではなく「Rp300.000」30万ルピアだったのです。。。。
(最後の000は略して書くことがあることをそのとき知った私達)
そんなお金、本気で私たちはもっていなくて(笑)、
(4000円弱ぐらいなんですが。。。)
「ないわ、マジで」とダンナがいうと
運転手は「日本円でもいい。」といい出だしました。

実はレートの良い、ちゃんとした両替所にAさんにつれていってもらう約束をしていたので
「今日、両替所に行く約束してたのに!!」と私が言うと、
今から連れて行ってやるみたいなことを言いってきました。

主人はお金がナイという作戦でこの場を逃げたかったらしいのですが、私はバカ正直に本当のことを言ってしまったのです。。。。

結局頭にきて私が「Hさんに電話してくれ!」と言ったら
(携帯電話を持っているのなんてあたりまえと思っていたら、金もなけりゃ電話もないに決まってる。。。。)
「電話ここにナイ」と言い出したので、「じゃあホテルに戻ってHさんに電話する!」とダンナが言ってくれ
2人して怒りの顔をみせたらホテルまで戻ってくれました。
まぁお金もないし。とのことで・・・・。

結局ホテルの前の道路で降ろされ運転手は最後に
「Hに電話するのか?」と言ってきたので「もちろん」と答えました。

私たちはロビーにむかい、主人はとりあえず国際電話のかけ方を調べる前にロビーで一服
私は楽しみにしていたツアーがなくなってしまいガッカリ。

その時「●●●さんですかとインドネシア語なまりの日本語で声をかけられました。。。

(旅行記10に続く)
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

最新記事

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カウンター

Total

最新コメント

THANKS★

カテゴリー

ブログ内検索

☆ランキング☆

ランキング参加中です。クリックお願いたします。(*^_^*)はげみになります♪

FC2Blog Ranking

Ads by rakuten

プロフィール

コメント大歓迎です!

syuno

Author:syuno

34歳の結婚丸10年の主婦です!2008年に女の子を出産し、一児の母でもあります。一時期ブログをお休みしていましたがまたあらたな気持ちで再開することにしました。前から仲良くさせていただいた方も、これから出会う皆様とも仲良くさせていただきたいです。日々のこと、食、趣味、家族や友人とのことなど書いていきたいと思います!よろしくお願いします。

前前タイトル記事のお引越し前のブログはコチラ 
http://ameblo.jp/serebu3939/
(記事もお引越しスミですが
いただいたコメントが残っています!)

*趣味*
パン作り、書道、スポーツ観戦、
国内、海外旅行

特に海外旅行が大好きです!
今までの海外旅行歴はこちらです↓
★syuno海外旅行歴★
(↑こちらクリックしてください)

リンク★お友達

ブロ友申請ホーム

ブロとも希望の方はポチっとお願いします!!(*^_^*)

QR code

携帯からのアクセスはこちら!
QR

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。