05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臓器移植法改正案その後・・

先日、臓器移植法改正についてちょっとお話させてもらいました。
その時の記事がこちら
http://serebu3939.blog28.fc2.com/blog-entry-723.html

改正案が全部で4案出ていたようで、
現行法は本人の書面による提供意思と家族の同意が必要で、年齢は15歳以上脳死の概念は臓器提供をする時に限り脳死は人の死。
A案は「脳死は一般に人の死」と位置づけ、本人が生前に拒否しなければ、家族の同意で臓器提供を可能にする。また、15歳未満の臓器提供を禁じる現行法の年齢制限を撤廃し、子供の臓器移植に道を開く内容。
B案は提供可能年齢を12歳以上に引き下げあとは現行法と変わらず。
C案は基本は現行法と同じだが脳死判定基準を厳格化する。
D案は15歳以上は現行法と同じで14歳以下からの臓器移植を家族の承諾などで可能とする。結果年齢制限は撤廃されるが、脳死概念は現行法のまま。

というものでした。

今回衆院でA案が可決されたようですね。
昨日の読売新聞(だったかな?)の朝刊の1面に、
「渡米移植費高額化、値上げの本音は日本人排除」
という記事がありました。

日本人の臓器移植を受け入れてくれるアメリカがこのような状況であればやはり移植臓器は自国でなんとかするべきということなのかもしれません。
(欧州や豪州では日本人は臓器移植できないそうです。)

やっぱり日本でもみんなが臓器移植できるようにするにはA案しかないのかな。。?

脳死って本当に難しい問題で、この間テレビでみた話だと、
脳死の子でも身長も体重も増えるし、爪も伸びれば髪の毛も伸びる、
何よりあたたかいぬくもりも感じる。
そんな自分の子供をなくなったと言えないという親御さんの本音もありました。

本当に難しいですね。
このニュースが流れるたびに考えてしまいます。

アメリカではどうしてこんなに臓器移植が行えるシステムが出来たんだろう?

まだまだ私自身も勉強しなくてはならないことがたくさんあります。

やっぱりすぐには答えが出せないけど。。。。
もし自分が脳死状態になったら臓器提供して誰かが助かればいいかなと思います。
ただ家族がそういう状態になったらやっぱり家族としてはすんなり同意できない気がします。
家族の中で提供意思を普段から強く持っている人がいたら
周りと相談して同意することができるかもしれませんが。
提供意思をいえない娘や姪っ子のような小さい子であればやっぱり同意は出来ない気がします。
今の私はこんな気持ちです。

法改正が行われたらどうかわるのでしょうか???
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

最新記事

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カウンター

Total

最新コメント

THANKS★

カテゴリー

ブログ内検索

☆ランキング☆

ランキング参加中です。クリックお願いたします。(*^_^*)はげみになります♪

FC2Blog Ranking

Ads by rakuten

プロフィール

コメント大歓迎です!

syuno

Author:syuno

34歳の結婚丸10年の主婦です!2008年に女の子を出産し、一児の母でもあります。一時期ブログをお休みしていましたがまたあらたな気持ちで再開することにしました。前から仲良くさせていただいた方も、これから出会う皆様とも仲良くさせていただきたいです。日々のこと、食、趣味、家族や友人とのことなど書いていきたいと思います!よろしくお願いします。

前前タイトル記事のお引越し前のブログはコチラ 
http://ameblo.jp/serebu3939/
(記事もお引越しスミですが
いただいたコメントが残っています!)

*趣味*
パン作り、書道、スポーツ観戦、
国内、海外旅行

特に海外旅行が大好きです!
今までの海外旅行歴はこちらです↓
★syuno海外旅行歴★
(↑こちらクリックしてください)

リンク★お友達

ブロ友申請ホーム

ブロとも希望の方はポチっとお願いします!!(*^_^*)

QR code

携帯からのアクセスはこちら!
QR

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。