08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♯妊娠中旅行(西伊豆・中編)

次の日は早めに起きてまず私はお部屋の露天風呂に。
主人は夜更かししたのかまだ寝ていました。

その後朝食です。朝食は洋食と和食が前日に選択でき、私も主人も洋食にしました。
パンやおいしいオムレツやウインナー、果物の盛り合わせなど盛りだくさん。私と主人が一番気に入ったのがトマト味のロールキャベツとチーズが入ったスープでした。
「syunoも毎日このくらいの朝食作ってよ~~」とちょっと面倒なことを言われめんどうくさいな~と思いましたが・・・・・。

この日も天気がよく、昨日真っ暗で見なかった絶景もよ~~くみえましたよ!!
海がキレイでキラキラしていました!!

そして出かける準備をし、主人は貸しきり露天に入りに行きチェックアウトしました。
チェックアウト時にお土産に無農薬みかんとゴールドクレストの鉢をいただきました。

すぐに出かけず、せっかくなので恋人岬も散策。。。結構長く歩きました。
風は強かったですが、やっぱり海はキレイ。。。。。圧倒的に恋人同士の方が多く、
なんだか私たちのような夫婦が行くようなところではないのかもしれませんが、
でも景色がいいのでオススメですよ。

恋人岬を散策後いよいよ今日の第一の目的地に出発です。ここでいつもの私たちなら日帰り風呂三昧なんですが、ここは妊娠初期の私、さすがにお風呂の入りすぎはよくないだろうと観光に向かいました。

行き先は「浄蓮の滝」という日本の滝100選に選ばれた滝です。大きな駐車場も完備されているところですが、さすが天気のいい休日。。。。観光バス団体のお客さん(年配)のかたが圧倒的に多い。。。。。。

滝まで行くのに結構下のほうまで階段をくだりました。とっても水がキレイで、わさびなんかも栽培されていました。
マイナスイオンをたくさんすい、主人も私もいい気分でした。
(もともと滝好き・・・・・・)

下った分上らなくてはいけないので、帰り駐車場まで行くのは大変でした。。。。。
が、見に行く価値はアリです!!!ワンコもOKみたいで、結構ワンコ連れの方も多かったですよ。

その後ここでの観光を後にし、もうひとつのイベント、昼食へ向かいます。

続きは後編で。。。。。。

♯妊娠中旅行(西伊豆・前編)

まずは初期に行った西伊豆旅行の日記です。

とにかく夏休み(9月のバリ旅行)明けの主人はすごく忙しく、休日がまったくない状態。
私も妊娠が発覚し精神的につらかったので、 楽しいことをしようと、私が計画をたてました。

本当は、東北方面に行きたかったのですが、紅葉の時期だったので
どこもいっぱい。。。。。(主人は寒いところはイマイチだったのですが。。。)
結果的にはすごい寒かったようなので行かなくてよかった~~。。。

で、行き先は西伊豆になりました。 主人が決めてくれました。
東伊豆はよく行っていたのですが西伊豆は久しぶり。。 。すごく楽しみにしていました !!

今回は車で行きました。お天気にはかなり恵まれましたよ~。
東名高速で沼津まで行き、そこから西伊豆方面へ。
静岡についてからは結構混んでいましたが、途中主人と運転を交代しながら行きました。
(途中の山道は大変でしたよ。。。そこを私が運転することに・・・・)
とにかく安全運転で、体が冷えないようにひざ掛けももって行きましたよ。

今回行ったのは「恋人岬」にあるmisakiというプチホテルです。
部屋に露天風呂がついていること、貸切風呂があるところ、
食事が美味しいと評判なところ、宿泊人数が少なく子供がいたら行けない様な宿をチョイス。

チェックイン17時までだったのですが、ちょっと早く着いたので、
キレイな夕日を見にちょっと先まで行きました。
雲が多く最後の最後まで。。。。というわけには行きませんでしたがキレイでしたよ。

その後チェックインしてすぐに露天の貸切風呂に。(ここは24時間いつでもOKなんです)
いいお湯で、眺めがよくてサイコーでした~~

風呂上りはお部屋でゆっくり休んでいました。お部屋はハワイアンな雰囲気で、そういえば女性にはムームーを無料貸し出ししてくれました。
そんなに広くはないですが、二人で過ごすには十分ですよ。

お食事の時間に。お食事はお刺身のふなもりが最初に出て、あとはフレンチ風のフルコースでした。食事はレストランに行くのですがちゃんとしきられていてプライベートな感じの空間があり、前は絶景が見える大きな窓でした。夜なので何も見えなかったのですが。。。。。
どのお食事もとてもおいしかったです。

その後夜は部屋の露天風呂に入り、テレビを見て早めに寝ました。
主人は一生懸命明日行くところを考えていましたよ。

妊娠中の旅行について

ブログ更新をしていなかった間、妊娠初期に一回、中期に一回、主人と旅行に行きました。
2回とも1泊で近場だったのですが、とっても楽しい旅でした。

あともう一回くらいいけたら良かったのですが、なんだか忙しく、いけそうもありません。。。。
今日から8ヶ月(後期)に入るのでちょっとキツイですかね。。。。。。

行き先は西伊豆と新潟でした。
温泉旅行(西伊豆)と亡くなった義父のお墓参り(新潟)が目的でした。

「妊娠中の旅行ってどうなの!?」という意見もあります。
私の通っている病院の母親学級では、
「よくないに決まっている。今の親は自分のワガママですぐにそういうことを聞くんだよ!!もうちょっと母親の自覚をもってほしいよね~~」なんていうおじいさん先生のお話でした。

確かにおっしゃるとおり、母親のエゴでしょう。(胎児は行ったかどうかなんて覚えてないですよね。。)
病院としては何かあっても責任持てないというのが本音でしょう。

その先生がおっしゃるには胎児は羊水の中にいます。金魚蜂にいる金魚と胎児は一緒で、車や飛行機や電車で長い間ゆれていれば水面もゆれるわけですし、金魚にとっていいわけありません。その原理と一緒、ということでした。

私個人の意見では、「自己責任」だと思います。妊娠していたってトラブルなくフルマラソン完走してしまうような方もいるのです。そういう方はきっと国内旅行なんてまったく問題ないでしょうね。
実際友達でも沖縄旅行、広島旅行、バリ旅行など結構遠出して旅行に行ってる子を何人も知っていますがみんな元気に子どもを産み育てています。
なので、初期の場合は悪阻がひどいとか出血があるとかそういう心配要素がなければ自己責任において行くのは個人の自由だと思います。
中期は基本的に安定している方が多いですが、私のように体調がすぐれないような人でもゆっくり目のプランで、出血や腹痛のような子宮内のトラブルがなければ自己責任において行ってもいいような気がします。
後期になると、早産の危険性が出てきたり、あとお腹がでてきたりして体が重くなるので、旅行のような大きなイベントはやっぱり中期までのほうがいいのかな~とも思います。

とにかく「自己責任」。自分の体調と相談ですよね。母親になるのだから他人にお任せでは問題です。何かあったら困るから(産科医は訴訟問題に悩まされていますし・・・)先生はOKを快くは出してくれない方がおおいと思います。

私の場合は、旅行が特に好きなので、妊娠初期の精神的不安定が旅行により多少解消されましたし、義父のお墓参りは子どもが生まれる前に絶対行きたかったのでそれが達成できた喜びがありいい旅となりました。

簡単ですが今度、旅行記も書いて行きたいと思います。

バリ島旅行記アップしました~!9

大変お待たせしたしました・・・・・・

バリ島旅行記12アップしました。
コチラからどうぞ)
9/10:ブサキ寺院~キンタマーニ高原編です 

バリ島旅行記アップしました~!8

バリ島旅行記11アップしました。
コチラからどうぞ)
9/10:観光ツアー(ウブドでお買い物)編です 

最新記事

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カウンター

Total

最新コメント

THANKS★

カテゴリー

ブログ内検索

☆ランキング☆

ランキング参加中です。クリックお願いたします。(*^_^*)はげみになります♪

FC2Blog Ranking

Ads by rakuten

プロフィール

コメント大歓迎です!

syuno

Author:syuno

34歳の結婚丸10年の主婦です!2008年に女の子を出産し、一児の母でもあります。一時期ブログをお休みしていましたがまたあらたな気持ちで再開することにしました。前から仲良くさせていただいた方も、これから出会う皆様とも仲良くさせていただきたいです。日々のこと、食、趣味、家族や友人とのことなど書いていきたいと思います!よろしくお願いします。

前前タイトル記事のお引越し前のブログはコチラ 
http://ameblo.jp/serebu3939/
(記事もお引越しスミですが
いただいたコメントが残っています!)

*趣味*
パン作り、書道、スポーツ観戦、
国内、海外旅行

特に海外旅行が大好きです!
今までの海外旅行歴はこちらです↓
★syuno海外旅行歴★
(↑こちらクリックしてください)

リンク★お友達

ブロ友申請ホーム

ブロとも希望の方はポチっとお願いします!!(*^_^*)

QR code

携帯からのアクセスはこちら!
QR

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。